スポンサードリンク

2013年03月30日

卒園 メッセージ 例文 先生から子供へ

先生から子供へ贈る卒園のメッセージの例文です。
園児達というのはまだ幼いですから、今すぐに先生から
贈ったメッセージの意味を本当に正しく理解してくれるかは
わかりません。

でもいつか幼稚園、保育園を振り返った時に、単語一つでも
覚えておいてくれると、うれしいものですし、小さい時に覚えた
単語、記憶に残った単語でその後もわすれません。意味がどうこう
というよりも、三つ子の魂百までといった感じで、その後のその子の
人生に大きな影響を及ぼします。

ですので、丁寧に言葉を選び抜く必要があるのですね。
例文としては・・・

平成○○年度卒園生の皆さま

ご卒園おめでとうございます。
この3年間、皆さんの成長を1日たりとも感じない日ありませんでした。
入園してきた時はあんなに小さかった皆さんもいまでは立派な年長さんに
なりましたね。

一人でできることもどんどん増えていく毎日をいつも興奮気味に
おくっていたことを今でも覚えています。

4月からは小学校に行くことになります。お友達も増えるでしょう。
ますます皆さんの活躍の場が広がることになると、先生もいまから
わくわくしています。

先生達はまだこの幼稚園にいますので、小学校に行った後でも
近くまできたら是非顔を出していってくださいね。楽しみに待ってます。

○○先生より


ラベル:例文
posted by 卒園 メッセージ at 00:29| Comment(0) | 卒園 メッセージ 例文 先生から子供へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

卒園 メッセージ 先生へ

卒園のメッセージを先生へ贈るのは非常にハートフルなことですね。
保護者である親と違い先生はいろいろな子どもの面倒を見ないと
いけません。時にはなんてこんな子がいるんだ、と思っていることも
あるかもしれません。。

幼稚園、保育園の先生になったからには子どもが好きだ、ということが
あるでしょうけど、それでもこの時期の子どもは聞きわけが悪い時も
多いですし、やはりかなり手間がかかることは事実でしょう。

となると先生に必要になってくるのは忍耐力です。そうです。毎日
忍耐力が必要になってくるわけです。それが報われた、と思えるのが
卒園メッセージを受け取った時ではないでしょうか。

まだまだ小さい子どもからはそれほど大きいなねぎらいの言葉は
ないかもしれません。しかし保護者である親御さんからはきちんと
ねぎらいの言葉をかけてあげるといいのではないでしょうか。

自分の子どもの世話に大変さは親御さんが一番わかっているでしょう。
自分の子どもであるからできる、という部分も多々あると思います。
自分の子どもでもないのに世話をしてくれる先生はやはりすごく
大切な存在です。こういったことを伝えて、そしてやはり最後には
3年間などの長期間ありがとうございました、ということを伝えて
あげるのがいいと思います。例文よりもこういった気持をいかに
ストレートに伝えるか、ということが大事になってくると思います。
ラベル:先生へ 例文
posted by 卒園 メッセージ at 10:42| Comment(0) | 卒園 メッセージ 先生へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

卒園 メッセージ 先生から子どもへ

卒園記念のメッセージを先生から子どもへと贈るのは
すごく感動的です。どのような形にしろ、これは子ども達の
記憶に残り、一生の宝ものとなっていくことは間違いないでしょう。

子ども達はまだ卒園ということの意味を正しく理解していないかも
しれません。しかし、後から振り返った時に、きっとその意味を理解し、
そして先生達への感謝の気持ちというものを持ってくれるのでは
ないでしょうか。

そんなメッセージの例文です。

○○幼稚園の皆さん

ご卒園おめでとうございます。
入園した時はまだ本当に赤ちゃんのような姿だった皆さんが
今日こうやって立派にご卒園していく姿を見て、先生一同みんな
本当に涙が出そうなくらいうれしいです。

都会の中にある幼稚園ですから、周囲を車がたくさん走っています。
車が好きな子は毎日見ていましたね。

園内にあるジムが好きな子もいました。
お花を育てる子が好きな子もいました。
動物に餌をやるのが好きな子もしました。

全てが私達先生の可愛い子ども達です。
素敵なお母様、お父様と一緒にこれからも素敵な人生を歩んでいってください。

○○幼稚園先生一同より
posted by 卒園 メッセージ at 12:42| Comment(0) | 卒園 メッセージ 先生から子どもへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。